> ダイエットと水の関係

水をたくさん飲む ダイエットはデトックス効果があるのか?

水の重要性は時代の検証とともに評価されてきました。

世の中の常識として今の40代50代の世代が例えば中学生の頃の部活で
炎天下の夏に運動を行い「水」を途中で飲むことを甘えているという謎のスパルタ教育が
あるくらい常識というものは変化していきます。

書き換えられた常識は、高確率で新事実のほうが正しいといえます。
水に関して言えばダイエットだけでなくこういった重要性が時間に洗練されて評価されてきたのです。
今回はダイエットと水による効果について考えていきます。

まず議論としてよくあがる「水をたくさん飲む」のはダイエットによいのか?
逆に太るという意見も見かけますがこれは迷信でしょう。結論としてはたくさん飲むことは正義と考えています。しかし、体には限界がありますから今の世の「常識」的にいえば2リットルが人つの目安になるでしょう。

デトックス効果はあるのか?

デトックスに関してですが、水の飲み方次第です。
栄養を取り過ぎている現代人がデトックスを行う上で色々な方法が検証されていますが
一番シンプルなのが水だけでダイエットをする方法だと思います。

水だけと言っても、梅干しや塩分は必要ですが水だけダイエットを1日行うならば
デトックス効果はある程度出てくるのではないかと思います。

しかし、水分をしっかりとり腸内を綺麗にする。という目的の場合は流石に水だけで
数日過ごすのは危険だと思うので専門家指導の元行うのが無難でしょう。

水の種類によって痩せる効果が異なる?

水にもかなりの種類があるのをご存知ですか。

まず日本の水は世界でも有数といわれている軟水が沢山飲める水が豊かな国です。
日本の山々から水は9割が軟水と考えても良いのではないかと思います。
富士山の天然水などもミネラルが豊富ですが人気ウォーターサーバーが販売している水の硬度
をみてみるとほぼ60以下の設定になっています。硬度は100を超えたあたりから硬水といわれ、
いわゆる「固い水」とされています。

ダイエット効果を狙うなら実は硬度が高い硬水が効果的と言われています。
但し、デメリットもあって、硬度が高い水にはミネラルがたくさん含まれていますが
日本人の体質にあわず、人によっては下痢、嘔吐などを感じたという人も多いのが現実。

本格的にダイエットを水で行いたいのであれば一度は硬水を試してもいいでしょうが、
会わない場合は無理をせず日本の水に戻してください。

硬度の高い水はやはり内臓に負担をかけると“今の一般論”ではされていますから。

デトックス CONTENTS